この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

いつまでもおいしく食べられるように

パッケージに書かれている

どこで保存すれば良いのか、大抵の食材のパッケージに書かれています。
事前に確認してから、保存する場所を決めてください。
要冷蔵と書かれているものだったら、冷蔵庫の中で保管しましょう。
室内で保存できる食材でも、直射日光の当たらない涼しい場所を選択してください。
日光に当たると、状態がすぐ悪くなったり変色したりする危険性があります。

業務用食材を、1回で使い切ることはほとんどありません。
ですから保存方法を把握しないと、食材を無駄にしてしまうことがあります。
封を開けてから保存する際は、きちんと閉じてください。
食品が空気に触れると、状態が悪くなりやすいです。
密閉容器に中身を移してから、保存するのも良いですね。

鮮度を維持するために

生鮮食品の、業務用食材もあります。
それを購入して余った分は、冷凍状態で保存しましょう。
冷蔵庫で保存してもすぐ鮮度が悪くなってしまいますが、冷凍だったら鮮度の良い状態のままでずっと残しておけます。
ただ解凍してから、再び冷凍することはできません。
使う時に、必要な分を取り出し、冷凍しておくことをおすすめします。

小分けにしてから冷凍すると、取り出しやすいので後から調理する時に便利です。
それぞれの食材によって、ふさわしい保存方法があります。
業務用食材をこれから使うなら、きちんと理解しなければいけません。
安いと言われていますが、無駄にしたら意味がありません。
本当に必要な業務用食材だけを、選択することも心がけてください。


TOPへ